陶邑春樹の環境問題blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 十分あり得る

<<   作成日時 : 2015/03/20 17:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

皆さん荒唐無稽だと思わないでください。
たかじん委員会で三宅久之さんが出演していた時に、「南が北に吸収統一されるのではないか、心配している」と発言しました。
同じく出演していた、デーブ・スペクターが「ありえない」と発言したら、三宅さんは「何も知らないのに黙ってろ」と口論になりましたね。
ゲストで出演していた関西大だったかの教授の李英和に辛坊さんが聴きました。
「ありえますか」
「ありえますが、金正日はそうしないのです」
本当は、理由についてはもっと長い発言でしたが詳しくは忘れてしまいましたね。
とにかく当時の雰囲気ではあり得ると私も思いましたね。
当時はノムヒョン政権でしたかね。
KBSなんかは政権から左翼が大量に入り込んで金正日を賛美してましたからね。
朴槿惠は間違いなく政治家としては無能です。
次は左翼が政権をとるのはかなりの確率であり得ますね。
その時、体制崩壊で北による吸収統一になるでしょう。

南に左翼政権ができて米韓同盟破棄になった場合、韓国軍は、クーデターを起こすかもしれません。
まさしく半島有事です。
その場合、米韓同盟は破棄されていますから我が国は、厳正中立宣言を出します。
そうしないと韓国から大量の難民が押し寄せることになりますからね。
金持ちはさっさとアメリカあたりに逃げだしてるでしょうけどね。
厳正中立宣言を出しますと難民はすべて海で殺します。
そうでないと厳正中立ではなくなりますからね。
在日韓国朝鮮人も強制送還です。
問題は竹島です竹島を取り返すために北を使うのです。
米韓同盟が破棄されたらもう遠慮はいりません。
北が条件を呑めば南とは断交して北を唯一の政党政権と認めるのです。
条件とは、1拉致被害者の全員の解放、2核とミサイルの放棄、3竹島が日本領土であるとの宣言ですね。
北がこの条件を呑むとは私も思いませんが交渉はするべきでしょう。

半島がこのような状況になればさすがに改憲と核保有となるでしょうね。


【正論大賞】 「北朝鮮と韓国、どちらが先に体制崩壊するか」〜受賞記念講演で西岡力氏[03/19]
http://www.sankei.com/images/news/150319/wst1503190073-n1.jpg
▲第30回正論大賞受賞記念大阪講演会で講演する西岡力氏=19日午後、大阪市北区のリーガ
ロイヤルホテル(恵守乾撮影)

 第30回「正論大賞」(フジサンケイグループ主催)に輝いた東京基督教大学教授の西岡力氏の
受賞記念大阪講演会が19日、大阪市北区のリーガロイヤルホテルで約550人が出席して開かれ
た。西岡氏は「朝鮮半島の近未来と日本」をテーマに、朝鮮半島情勢などについて語った=写真。

 西岡氏は、韓国では1980年代に北朝鮮による民族主義が浸透し、反日反米の“従北派”が増え
続けていると指摘。「独裁政権の北朝鮮と、従北派が伸長する韓国のどちらが先に体制崩壊する
かというほど緊迫した状況になっている」との認識を示した。

 北朝鮮については、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)からの送金が核開発に使われてきたと
主張。日米の経済制裁で外貨不足に陥ると対外的に反応するとし、「外貨不足が北朝鮮の弱点だ」
と述べた。

 北朝鮮による拉致被害者について「生存情報がある」と強調。昨年7月に北朝鮮が日本人拉致
被害者らの安否を調査する特別委員会を設置したことに触れ、「日本政府は拉致被害者の生存保
証を取ってから再調査に臨むべきだった」と語った。

 正論大賞には現代史家の秦郁彦氏も選ばれた。

ソース:産経ニュース<「北朝鮮と韓国、どちらが先に体制崩壊するか…緊迫」 西岡力氏が受賞
記念大阪講演会で>
http://www.sankei.com/west/news/150319/wst1503190073-n1.html

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
十分あり得る 陶邑春樹の環境問題blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる