陶邑春樹の環境問題blog

アクセスカウンタ

zoom RSS リー・クアンユー

<<   作成日時 : 2015/03/14 16:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

朝鮮人の書いた記事ですから鵜呑みはできません。
リー・クアンユーはのちにシンガポールの首相になりますが、副首相の時に米国副大統領だったニクソンと会談を行います。
ニクソンの回顧録に次のような記述があります。
彼はこう述べた「日本人は偉大な国民です、日本人が遊びでおもちゃを作っていると思いますか、日本は必ず経済で大国になるでしょう」
ニクソンは戦勝国の副大統領ですから「信じなかったが、その通りになった」と書いています。
占領中、日本はシンガポールを昭南島と呼んでいました。
日中戦争の時に華僑が多く住む東南アジアでは反日感情が高く当地に在住の日本人が襲われ一家皆殺しが多くあった、そのため日本人は本国へ救援を求めたが、当時はイギリス領であり手出しができなかった。
そのため占領したシンガポールでは犯人探しが行われ華僑を捕まえて処刑したのだ。
数はそんなにはなかったと思います。
因みに朝鮮人で死刑になったものがいますよ。
裁判では朝鮮人は日本人以上に狂暴であったとの証言が多く述べられています。
イギリス以上に残酷・乱暴・不当と書いていますが、イギリスは統治したのであって戦争していたわけではありません、日本は戦争中なんですね。
当然違いますよ。

朝鮮日報は、先ほど書いた朝鮮人が日本人以上に狂暴だったという裁判での証言は、無視のようですね。
朝鮮人148人台湾人が173人が戦犯として裁かれ死刑になったものもいました。
有期刑となったものは日本人と一緒に巣鴨へ送られのちに釈放されました。
この人たちには優先してタクシー免許が与えられました。
名付けて戦犯タクシーですね。

慰安婦はいた、では何故いたのかですね。
わざわざ、5000キロも離れた日本人や朝鮮人、台湾人を連れてきた理由は何故なのかですね。
今なら飛行機で6時間くらいでしょうけど。
当時はジェット旅客機なんかなかったんだから。
船と鉄道かトラックか馬車ですよ。

そんなことしなくても娘を無理やり連れていく軍なら現地の娘を強制連行すりゃいいわけでね。
それだけでも無理やりじゃない事が証明されているんですよ。
オランダ人慰安婦は将校が勝手にやったことです。
その証拠に軍が抗議を受けて調査して事実だとわかった時にはすぐに慰安所は閉鎖して慰安婦も全員解放されいます。
軍が命じたなら閉鎖も開放もあるわけないでしょ。


【コラム】「『慰安所』前に日本兵が順番待ちで並んでいた」

「日本軍を憎んだが、弾圧がどんなものか知っていたので逆らわなかった」
「韓国人は日本統治への抵抗をやめなかった。そうしたケースはあまりなかった」

【コラム】「『慰安所』前に日本兵が順番待ちで並んでいた」

 大学生だったリー・クアンユー(李光耀)氏は寄宿舎にいたとき、爆発音で目を覚ました。1941年12月8日の未明。英国植民地のシンガポールに日本軍が攻め込んできたのだ。

 3日後、彼は街で初めて日本兵を見た。小柄な体格で長い銃剣が付いた小銃を持つ姿は見慣れぬものだった。軍帽の後ろに白い布が付いているのも特異だった。ジャングルで戦って風呂にも入れなかったのか、異臭を放っていた。

 日本軍は数の上では劣勢だったが、大胆な速攻戦で英国軍を撃破した。それまで何の疑いもなく受け入れられていた白人優越神話が崩れた。「西欧帝国主義の下、奴隷のように暮らしてきたアジア人たちを解放させる戦争」という日本のうたい文句そのままだった。しかし後日、シンガポール首相になったリー・クアンユー氏は「新たな支配者になった日本軍は英国人よりも残酷・乱暴・不当で、悪意を持って同じアジア民族である私たちを扱った」と回想している。

 日本軍は占領直後、中国系住民を探し出した。トラック約50台に乗せて海岸に連れていった。そして彼らを後ろ手に縛り、海に向かって歩くよう命じた。背後で日本兵の機関銃が火を吹いた。兵士たちは死体を足で蹴ったり、銃剣で刺したりして生存者がいないことを確認した。後の戦犯裁判で日本軍は「当時、反日分子6000人を殺した」と認めた。真相調査団はその数を5万−10万人と推定した。

 ある日、劇場前に人々が集まっていたので行ってみると、人の首がさおにかかっていた。練兵場でかかしを相手に銃剣を突き刺す時に張り上げていた日本兵の叫び声は背筋を凍らせた。

 「昔の異民族侵略者『匈奴(きょうど)』を思わせる凶暴さがあった。おそらくチンギスハンも日本兵よりは残酷でなかっただろう。私は広島と長崎に原爆を投下しなければならなかった当為性を少しも疑ったことがない。もし原爆を使っていなかったら、日本本土をはじめ各地でおそらく数百万人の不必要な犠牲が出ただろう」

 リー・クアンユー氏は自転車に乗っていたとき、市内の高級住宅街の塀沿いに日本兵約200人が並んで順番を待っている姿を見た。看板には「慰安所」と書かれていた。

 「朝鮮人女性が部隊に付いて回ってサービスをしてくれるということをその時初めて知った。私は当時、日本の軍部がどのように朝鮮・中国・フィリピンの女性たちを拉致し、そそのかして部隊に付いて回る慰安婦にしたのか知らなかった。オランダ人女性たちは将校向けの慰安婦にもなっていた」

終戦後の1946年、シンガポールで行われた日本に対する戦犯裁判を彼は傍聴した。当時の検事は開廷論告で次のように述べたという。「日本軍が犯した蛮行を調べてみると、果たして人間はどこまで悪になれるのか、またどれだけ堕落できるのかについてゾッとせざるを得ない。もしかしたら人間の尊厳を感じさせてくれるものがあるかもしれないと期待し、資料を調べに調べたが、結局見つけられなかった」

 3年半にわたり日本軍占領時代を経験したリー・クアンユー氏は次のような感想も残した。

 「日本軍の唯一の統治の手段は恐怖だった。彼らを憎んだが、弾圧とはどんなものかを知っていたので、彼らの意向に逆らわなかった。しかし、朝鮮人は日本が統治を始めた時から抵抗をやめなかった。朝鮮人の風習・文化・言語を抹殺しようとしたが、民族的自負心を持っていた朝鮮人は固い決意で野蛮な圧制者に抵抗した。こうしたケースはあまりなかった」

 随分前に出された『リー・クアンユー回顧録−ザ・シンガポールストーリー』を再び手にしたのは、無力感からだ。仏教には「対機説法」というものがある。相手のレベルに合わせて教えるべきだという説法だ。ドイツのメルケル首相は日本に対し「常に自身の過去と向かい合わなければならない」と述べたが、この点で決定的な「ミス」を犯した。

 日本のほとんどのメディアはメルケル首相の忠告を無視したり、数行の記事に挿入したりしただけだった。極右傾向の産経新聞は1日ほど間を置いた後、これに一つ一つ反論する記事を1ページ全面に掲載した。さらに「(日独)両国を単純に比較することは適当でない」「日本は『ホロコースト』のような犯罪はしていない(原文ママ)」と一蹴した日本の外相の言葉を解説した。

 自分の立場から見れば、自分の悔しさだけが見える。しかし、相手や第三者の立場から自分自身を見ることができて初めて「大人」になるのだ。戦後70年になるというなら、日本も大人になる時が来たと言っていいだろう。

 だが、安倍晋三首相は新年のあいさつで「戦時の日本を歪曲(わいきょく)する見解と闘う(原文ママ)」と刀を抜いた。皆が集団軍事教練をするかのように「歴史修正主義」路線に追随しているのだ。右翼が主流となっている日本の知識人社会はこれを鉄壁のごとく擁護している。こうした日本の動きを止める実際的な方法はあまりない。彼らの内部覚醒の力を除いては。

崔普植(チェ・ボシク)先任記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/13/2015031301394.html

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リー・クアンユー 陶邑春樹の環境問題blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる